バランス・スコアカードは、米ハーバード大学のロバート・S・キャプラン教授経営コンサルタントのデビッド・P・ノートン博士が考案した、情報化社会に対応した新しい業績評価フレームワークです。

 従来の財務分析による業績評価(財務の視点)に加えて、顧客の視点、業務プロセスの視点、成長と学習の視点(アイデア、モチベーションなどの無形資産)をプラスした評価を行なうことで、 企業の価値を総合的に評価します。

 企業は大きなビジョンをもとに戦略が策定されます。そして、その戦略を実現するための目標を定めるわけですが、バランススコアカードではここに上記4つの視点を活用します。各視点ごとに具体的目標を設定し、その進捗度合いを検証するための評価指標(KPI)を設定、到達度を評価していきます。

 4つの視点における各目標やそれに基づくKPIは独立したものもありますが、相互に関連性があるものも存在します。的確に評価するためには相互の因果関係も理解しておく必要があるため、戦略マップと呼ばれる因果関係の地図も合わせて作成します。

【弊社刊行マニュアル書籍のご案内】
政府IT予算の削減にも使われたノウハウを凝縮!
情報システム発注における価格検証・価格交渉完全マニュアル」くわしくは「こちら」。
3000件のIT診断実績から得られた知見をそのまま書籍化しました。他では得られない貴重な情報です。